Tenshindo

お問い合わせ
”医薬部外品・化粧品で新規ビジネスを創出”

天真堂とは

医薬部外品OEM業界を牽引してきた実績

天真堂はこれまで累計500件以上の取引実績を持ち、
医薬部外品・化粧品OEMのヒットメーカーとしてOEM業界を
牽引し続けてきました。

過去に自社通販で100万個を売り上げたノウハウがあるから出来る、
「売れるモノ」と「売れるしくみ」のご提案で
貴社のビジネスを強力にサポートいたします。

医薬部外品と化粧品の違いとは?

 
医薬部外品
化粧品
特徴
厚生労働省が承認した有効成分が一定量配合
されているから、高い効果実感が期待できる。
新規原料を採用しやすいので
流行を捉えた商品開発が可能。
手続き
厚生労働省への申請が必須。
承認までに6か月程度必要。
届出のみで販売が可能。
訴求の強さ
美白·育毛等、効能効果を
強く訴求できる。
美白·育毛といった
効能効果を謳えない。

天真堂なら通常商品化に1年以上かかる医薬部外品でも最短60日で商品化できるから
ビジネスプランに合わせて最適な商材をお選びいただけます。

医薬部外品・化粧品OEMで
成功するために必要な要素

“売れる”商品

新しい付加価値を創造する
“売れる商品”作りを
全面的にサポートします。

独自原料 オリジナル原料でオンリーワンの製品を
特許技術 独自の経皮吸収システムで色褪せないオリジナル性
効果実証 有用性試験等の効果実証試験をご提供
“売れる”仕組み

天真堂が持っている
“売れる”仕組みのご提供で、
スピーディーなビジネスの立ち上げを支援します。

ロジスティクス ものづくりからお客様の手元に届くまで
コールセンター ロジスティクス併設で迅速な連携
マーケティング&
プロモーション
競争優位性を獲得し“売れ続ける”を創造する
海外進出支援 海外進出にあたり専門性の高い業務を
一貫サポート
品質管理

安心·安全な製品の製造と販売をサポートします。

徹底した品質管理 化粧品GMP基準(GQP、GVP)、健康食品GMP基準に基づき徹底した品質管理を行っています。

なぜ天真堂は60日で納品が可能なのか?

通常、医薬部外品のバルクを0から作るとトータルで1年以上を要します

天真堂のストック処方ならあらかじめ承認を得た50種類以上あるラインナップから
バルクを選ぶだけだから、最短60日という短期間で商品化が出来るのです。

商品ラインナップ

天真堂は“売れる商品”と
“売れる仕組み”を提供することで、
みなさまのビジネスの成功を
力強く推進していきます。

新しい付加価値を
創造する
“売れる”商品作りの
3つポイント

  • 独自原料

    天真堂では、生化学·農学·薬学·栄養学·皮膚科学の学術データを基に1,000種類以上もの素材の中から機能性原料を選定·開発しています。加熱発酵ニンニク粉末、赤ショウガエキスなどの独自原料を開発しています。

    もっと見る
  • 特許技術

    従来の技術では浸透しにくかった水溶性の有効成分を効率的に吸収させる天真堂オリジナルの経皮吸収技術「TEN-DDS」が、お客様の製品に色褪せないオリジナル性を加えます。

    もっと見る
  • 効果実証

    お客様の製品づくりに役立てるため、お肌に対する効果を客観的に測定することができる機器を取り揃えました。有用性試験等の効果実証試験を提供できます。最新の機器を用いて、お客様のご要望に最適な試験を提案します。

    効果実証実験の実施
    もっと見る

徹底した品質管理

化粧品GMP基準(GQP、GVP)、健康食品GMP基準に基づき徹底した品質管理を行っています。
多忙なお客様に代わり、定期的に製造所の監査も実施。
安心・安全な製品の製造と販売をサポートします。

売れる商品
だけじゃない!
業界随一の
ワンストップサポートで
”売れるしくみ”
をご提案

ワンストップサポート

「自社のリソースだけでは対応しきれない」、「将来的にどのようなチャンネルにも展開できるよう準備しておきたい」、そのようなニーズに応えるため、「売れる仕組み」も併せてご提案することにより、貴社の事業をワンストップで支援します。

  • 商品開発

    ■ 処方開発 ■ 特許技術
    ■ 機能性評価試験 ■ 独自原科の開発
    ■ 独自技術の開発
    ■ 独自基準認証マークの付与

  • 製造

    ■ 原料検査 ■ バルク製造 ■ バルク検査
    ■ 充墳・包装 ■ 製品検査 ■ 出荷

  • ロジスティクス

    ■ BtoC出荷 ■ BtoB出荷
    ■ 医薬品出荷(薬店併設) ■ 在庫管理
    ■ レポーティング

  • コールセンター

    ■ インバウンドコール ■ アウトバウンドコール
    ■ カスタマーサポート ■ 医薬品受注(薬店併設)
    ■ レポーティング

  • マーケティング&プロモーション

    ■ 市場調査 ■ 商品開発との連携
    ■ 商品撮影 ■ CRM設計 ■ 広告制作
    ■ カートシステム ■ 広告運用

  • 海外進出支援

    ■ 販路開拓 ■ プロモーション支援
    ■ 成分調査 ■ 輸出許認可代

よくあるご質問

  • Q1

    初めて医薬部外品・化粧品ビジネスを立ち上げます。わからない事ばかりなのですが大丈夫でしょうか。

    天真堂にOEMを委託されるお客様の中には、初めて医薬部外品・化粧品ビジネスに参入される方も多くいらっしゃいます。薬事的サポートはもちろん、販売戦略立案や物流、販路拡大や海外進出など、お客様の化粧品ビジネスを多方面からサポートいたします。
  • Q2

    どうしてそんなに早く医薬部外品がPB化できるのですか?

    天真堂では、すでに厚生労働省で認可された医薬部外品を、多数ストックしています。その中から貴社のPB商品に適したものを選んでいただくことにより、最短・小ロット・低コストで医薬部外品をPB化できるのです。さらに容器や化粧箱といった商品化に必要な資材関係も一貫して手配させていただいており、スピーディーなPB化が可能です。
  • Q3

    医薬部外品を販売するのに、申請や許可は必要ないのですか?

    医薬部外品は医薬品とは違い、販売に関して薬剤師を介在する必要もなく、特別な許可を受ける必要もありません。すでに化粧品や健康食品などを販売されている企業様ならば、まったく同じ感覚で販売することができます。もちろん、インターネットを含む通信販売による小売りも可能です。
  • Q4

    自社のPB商品として、商品名にオリジナリティを出したいのですが?

    医薬部外品の場合、厚生労働省に申請した登録名称とは別に、パッケージや広告物等に貴社独自の商品名を表記することができますので、全く問題ありません。さらにパッケージやラベルのデザインはもちろん、容器の形状も貴社の要望に合わせてお選びいただけますので、よりオリジナリティのあるオンリーワンのPB商品として販売が可能です。
  • Q5

    医薬部外品は、効能・効果に関する広告表現も可能なのですか?

    医薬部外品の場合、厚生労働省より承認された効能・効果についてはパッケージにはもちろんのこと、広告上でも合法的に表記することができます。例えば、化粧品では一切謳えない「美白効果」、健康食品では謳えない「便秘改善」などといった広告コピーも問題ありません。また、薬機法に関するそのようなご不安は、専門スタッフがご相談に応じさせていただいておりますので、ご安心ください。
  • Q6

    ストックしている医薬部外品以外に、新たなオリジナル医薬部外品は作れますか?

    天真堂では、まったくの新規から医薬部外品作りをサポートさせていただくODMの体制も準備させていただいております。ですから、天真堂OEM用商品の中に、貴社の商品コンセプトに合う医薬部外品が見あたらない、もっと違う新たな医薬部外品が欲しい…といったご要望にお応えすることが可能です。その際に発生する厚生労働省への申請などの煩雑な業務に関しても、天真堂が対応させていただいております。
  • Q7

    通信販売業を立ち上げたいのですが、サポート体制もあるのですか?

    はい、サポートさせていただきます。天真堂ではPB商品作りはもちろん、通信販売に最も重要な広告・CRM戦略、受注・在庫管理、配送などの業務全般を、実績のある専門スタッフがすべてサポートする体制を準備しています。ですから、新たに通信販売による販路拡大を図りたいとお考えの企業様も、安心してご相談ください。
  • Q8

    製造できる品目を教えてください。

    製造品目についてはこちらをご覧ください。

会社概要

商号 株式会社 天真堂
代表取締役社長 松﨑 淳
本社 〒135-0042
東京都江東区木場2丁目17番13号 第二亀井ビル4F
TEL:050-6861-1100
FAX:050-6861-1009
新木場センター
(ロジスティクス/コールセンター)
〒136-0082
東京都江東区新木場1丁目12番10号 プロロジスパーク東京新木場2F
TEL:03-6868-8955
FAX:03-6868-8977
小山工場 〒329-0216
栃木県小山市楢木293-23 (小山南工業団地内)
TEL:0285-45-1588
FAX:0285-45-5355
設立 1986年12月2日
資本金 2億6,960万円
取引銀行 三井住友銀行
京葉銀行
みずほ銀行
東日本銀行
千葉興業銀行
許可番号

第二種医薬品製造販売業
医薬部外品製造販売業
化粧品製造販売業
倉庫業
医薬品販売業(卸売販売業)
医薬品販売業(店舗販売業)
化粧品製造業
医薬部外品製造業

13A2X10096
13D0X10323
13C0X11099
第4251号
第5308191423号
第0208180857号
第09CZ200046号
第09DZ200027号

加盟団体 化粧品公正取引協議会
東京化粧品工業会
東京商工会議所
東京都家庭薬工業協同組合
日本家庭薬協会
日本化粧品工業連合会