company

 

vision

アジアをつなぐ、美と健康の企画マーケティングカンパニー

取締役社長 松﨑淳

EC通販に特化した10年

 わたしたちはこれまで、10年以上にわたってEC通販に特化したOEM会社という独自のポジションを築き上げてきました。当時はまだ、EC、WEBはニッチなマーケットであり、さほど重要視されておりませんでした。一方で、もともと自社でD2Cを行っていた原体験から、スタートアップに向いている市場であること、通信インフラの整備により、やがてはWEBこそが主たるマーケットになることを信じて、愚直にこの市場で「売れる商品」と「売れるしくみ」について追及してまいりました。

モノづくりを超えた価値の追求

消費者の価値観や嗜好性が細分化している今、EC通販におけるビジネスモデルも日々進化しています。単品リピート通販に代表される、お悩みに対して機能的ベネフィットをメインに訴求するモデル、D2Cブランドと呼ばれる独自の世界観や価値観を有し、情緒的ベネフィットをメインに訴求するモデルなどがあります。それぞれに共通するのは、消費者に対し「どのポイントで共感を生むのか」であり、LTVの最大化という点で重要であると言えます。また、OMOの進化により、WEBとリアルを融合してマスマーケットへ進出することも可能になりました。これら一つひとつを正しく理解し、変化に順応し、お客様の事業成功に寄り添える企画開発を行うこと、時にはブランドコンセプトの立案や事業全体のコーディネートまでご支援すること、それこそが天真堂が提供できる価値であると考えております。

広がるアジア市場への参入

Made in Japan での製造を望む海外企業からの問い合わせも増えており、W11など大型セールでも実績を残してくださっています。そうした企業は、KOLによるライブコマースや、越境ECならびに現地ECモール内でのマーケティングに長けているという特徴があります。海外法人であっても、私たちの企画、品質を信頼していただけるお客様へ、OEMを通じて商品提供していくとともに、日本国内のお客様が海外へ進出したいという際にも、現地のパートナーと協力してご支援を行っています。 「お客様の発展こそが天真堂の発展」という変わらぬ想いのもと、事業パートナーとして選ばれる、唯一無二の存在を目指して、日々進化を続けてまいります。