company

VISION

日本のOEMを、世界のOEMへ

お客様の発展こそが、TENSHINDOの発展。その想いとともに、私たちは日本の医薬部外品OEM業界に活力を与え続けてきました。
日本のOEMを、世界のOEMへ。私たちは“売れる商品”と“売れる仕組み”を提供することで、みなさまのグローバルビジネスの成功を力強く推進していきます。

MESSAGE 代表メッセージ

OEM業界に新しい息吹を

今、化粧品OEM業界は急成長を遂げています。大手化粧品メーカーさまとのパートナーシップはもちろん、アパレル業界をはじめとした異業種からの参入も加速していますし、日本の30倍の市場を持つと言われる中国からのご依頼も増加の一途をたどっています。

現在、化粧品OEM業界の市場は3000億円規模と言われていますが、その実、1兆円規模のポテンシャルを秘めていると言っても過言ではないと私は考えています。

ただ、その一方で労働人口の減少にともなって日本の生産力は低下していますし、従来のやり方を踏襲するだけではこのチャンスを最大限に生かすことは難しく、クライアントにビジネスの成功をお約束することもできません。

もはや「Made in japan」の神話に頼っているだけでは太刀打ちできない時代が到来しているのです。これまでの成功にしがみついていてはいけない。

これまでの発想にしがみついてはいけない。

新しい時代の、新しいアイデアで、クライアントの成功を牽引していく。
化粧品、そして医薬部外品OEM業界の新しい可能性を牽引していく。
それこそが、私たち「TENSHINDO」のあるべき姿だと考えています。

商品ではなく成功をつくる

化粧品を販売する。それは決して簡単なことではありません。

新規参入企業の5年後生存率は2割程度と言われていますが、新規顧客を1人獲得するためには1万円の広告費が必要となりますし、たとえ愛用してくださったとしても1年後には95%ほどの方が離脱してしまいます。今は新規獲得にアクセルを踏むべきときなのか、今はブレーキをかけるべきときなのか。刻一刻と状況が変化するなかで、厳しい決断を迫られるときもあります。

私自身、何度も苦難を乗り越えてきましたが、医薬部外品というビジネスではその裏の裏まで知り尽くそうとする、ある種の覚悟とも呼べるものが必要なのかもしれません。

我々がご提案させていただくのは商品ではなく、あくまでお客様の成功です。ご希望を全力でかたちにすることはもちろんですが、ときには業界で培った経験からお客様ご自身ですら気づいていない“盲点”を率直にご指摘させていただくこともあります。本気で化粧品・医薬部外品市場に乗り出したい。本気で新規事業を成功させたい。そんなお客様にこそ、ぜひ当社の存在を知っていただけたらと思っています。

日本市場から世界市場へ

当社の強みは、日本唯一の医薬部外品OEMワンストップサービスをご提供できること。独自の原料や特許技術を駆使した「売れる商品」はもちろん、どうやって在庫を管理するか、どうやって購買意欲をくすぐるか、どうやってファンをつくるかという「売れる仕組み」まで提供しています。

通常なら新商品を開発するのに1年かかりますが、当社がストックしている処方を活用すれば最短1週間で販売できるようになりますし、すでに認可を受けているため品質に頭を悩ませることもありません。ECであれ店舗であれ全国に広がる我々の販売チャネルをご提供することもできますし、お声掛けいただければすぐにでもビジネスをスタートさせることができます。

もちろん、みなさまのビジネスを国内に留めておくつもりもありません。現在は中国の販売チャネルの開拓にも力を入れていますし、現地で店舗販売を行うための認可取得の代行サービスも手掛けています。お客様の発展が、TENSHINDOの発展。我々を土台にして、お客様が新しい世界へと羽ばたいていく。そんな未来を一緒にかたちにできたとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

代表取締役 児玉和之