CASE

 

クロスセルしやすい化粧品をストック処方とオリジナル処方でステップ開発 医薬部外品60日で開発国内EC

ご依頼

写真:ご依頼

既にECサイトと店舗で健康食品を販売しており、クロスセルのために化粧品の開発を希望。
独自性を持たせたいのでオリジナル処方の薬用化粧品がよいが、年内に売り上げを計上したいため、できるだけ早く販売開始したい。

対応例

写真:対応例

オリジナル処方での薬用化粧品開発は1年以上時間を要するため、まずはストック処方「SVシリーズ」から、商品イメージに近いストック処方を選んでいただき容器等の資材納入後60日で商品化。
ストック処方での販売と同時進行で、オリジナル処方の開発・申請を進め、認可を得られたタイミングでリニューアル発売するプランをご提案します。