COLUMN

 

コロナ禍でも市場拡大中!メンズフェイスケア 商品開発

富士経済が2020年に集計したデータによれば、2022年のメンズフェイスケア市場は、2019年比では10.1%増加を見込んでいます。

出典:富士経済  https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP535260_U0A600C2000000/

洗顔の重要性や効果的な方法などを、洗顔料を販売する各メーカーが啓発しており、正しいスキンケアの方法が浸透することで、洗顔料に加え化粧水や乳液などフェイシャルケアアイテム全体の使用率が各年代で上昇しています。
男性のフェイシャルケアアイテムは各年代でユーザーが増えており、美容意識が高い層では高価格帯の需要が高まっています。
時短訴求のオールインワンや、UVケア、毛穴のカバー、エイジングケア訴求商品など、バリエーションが広がったことで需要の喚起が進み、2019年のメンズフェイシャルケア市場は2018年比5.3%増の257億円となりました。

今後もさまざまな訴求の商品が投入されることで市場は活性化する見込みです。

 メンズ専用のアイテム拡充が今後の課題!?

基礎化粧品を買う男性の中には、女性用の商品を買っている人もいますが、まだまだ男性用のみ購入する割合は多く、10代では3割強、20代で約5割、30代が約6割、40代~60代では約7割と30代以降は大多数の人が男性用を購入しています。
近年、男性用の商品が増えてきたとはいえ、やはり市場はまだまだ、女性用基礎化粧品のラインナップの方が豊富です。
男性用を買いたくても、選択肢が少なく、女性用を選ぶ人も少なからず存在するかもしれません。


※本人使用目的のみ。代理購入等他人使用は除く。
※データソース:SCI 2020nenn 1月~12月、全国15歳~79歳の男女52,500人の消費者から収集
出典:インテージHP https://www.intage.co.jp/news_events/news/2021/20210422.html

そこで今回は、そんな美意識の高い男性に向けた男性用薬用オールインワンゲルをご紹介します。

大人の男のためのオールインワンゲル「薬用ソヴール-31」

POINT1:乾燥小じわ※¹とシミ※²対策を実現 

  • 老け顔に見えがちなシワ(乾燥による小じわ※¹)にアプローチ
    乾燥による小じわを目立たなくします。※第三者機関により抗シワ効能評価試験済
  • 見た目の印象を左右する気になるシミ※²のもとにアプローチ
    有効成分水溶性プラセンタが、シミの原因となるメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。※¹乾燥による小じわのこと※²メラニンの生成を抑え、しみそばかすを防ぐ

POINT2:うれしい効果 ~ニキビ対策、保湿・肌荒れ対策~


POINT
3:やさしい使い心地にこだわった7つの無添加

アルコールフリー、紫外線吸収剤フリー、合成着色料フリー、パラベンフリー
合成香料フリー、鉱物油フリー、石油系界面活性剤フリー

天真堂では、このほかにもメンズへ向けた薬用スキンケアを取り揃えておりますので、ぜひお問い合わせください。

メンズ特集