COLUMN

 

中国最大商戦ECイベント【ダブル11】から見る中国市場 事業計画

新型コロナウイルスの影響で世界経済全体が打撃を受ける中、
中国は新規感染を抑え込みつつあり、経済も回復に向かっています。

そうした状況のもと、毎年11月に開催される「ダブル11(独身の日)」は、コロナ流行後最大規模のECショッピングイベントとして今年も開催されました。

販売期間を2回に拡充し、「シングル」から「ダブル」へ

2019年以前のダブル11は、予約販売期間を含めて約1ヶ月に渡る長期間のイベントでしたが、オーダーピークは11月11日の当日のみでした。

しかし、ECプラットフォーム最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)は
今年は例年と運用方法を変更し、より多くのブランド・商品・割引特典にスポットライトを当てるために「予約販売→残代金精算」という流れを二段階に分けて実施しました。
11月1日~3日が第1弾、11月11日当日を第2段の決済としたことで、これにより多くの企業と消費者の出会い・繋がる機会が創出されました。

日本はGMVランキングで連続5年1位!

アリババグループのTモール(天猫)では、今年のダブル11は過去最大となる25万以上のブランド、500万店舗が参加し、そのうち3万ほど海外ブランドが中国向け越境ECを通じて参加しました。
総売上高は前年比26%増で過去最高となる4,982億元(約7兆7000億円)を達成しました。
中国向け越境ECにおける国別のGMV(流通総額)ランキングでは日本が2016年から5年連続で1位を獲得しています。

Tモールグローバル(天猫国際)によると、今年は84の国と地域から、実に約3万近くの海外ブランドがダブル11に参加しました。
新型コロナウイルスの流行によって、世界的に国境を越えての移動が制限される中、ますます越境ECの需要が高まっていることが感じられます。
多くの日本企業も越境ECでW11に参加しましたが、コロナ禍で訪日できない中国人消費者にとって、今年の越境ECサイトでの日本商品セールは非常に大きな楽しみの一つだったことがGMVランキングからも伺えます。

中国市場進出のご相談は天真堂へ

日本企業にとって、中国市場は事業拡大を図るうえで、もはや見逃すことが出来ないマーケットとなっています。

天真堂のSV(ソヴール)シリーズは、中国越境ECにも対応した処方になっております。
また、一般貿易輸出が可能な処方も取り揃えております

中国市場に精通したスタッフが貴社のビジネスに合わせた戦略をご提案させていただきますので、中国市場への展開をご検討の際は、是非天真堂へお問い合わせください。